ロゴ



 HOME 翻訳 通訳レジュメ添削TIPS(コツ)パートナー企業 
  About UsサイトMap 

TIPS 英文レジュメ作成にあったっての注意点です

一度目を通しておいて下さい
ネイティブ人事担当者は、日本人の英文レジュメで最低限何をチェックしているか
1.自分の仕事の説明が出来ること
2.自分のポジションと職務責任が説明出来ること
3.プロジェクトの説明と応募した職種の関連性が説明出来ること
4.自分が如何にプロジェクトの成功に寄与したかが説明出来ること
5.英語は当然のことで、特別な能力とは認められないこと
6.プロとして仕事をするので、趣味や興味は関係ないこと

レジュメはプロとしての履歴書です。  
自分の希望や期待を書くのではなく、自分を雇うことで如何に会社にとって得かを説得出来るツールでなければなりません。
 
 
枚数、形式
2枚以内が適当、と言われています。人事担当者のメールボックスには、山のような履歴書が送られてきます。一般に、3枚にわたると読んでもらえない可能性が高まります。(時間泥棒、簡潔にまとめる能力がないと思われても仕方ないですね)逆に1枚だけだと、やや熱意が低い、英語力が弱いような印象を与えます。
ただ、これは、職種や業界によります。1枚でも、5枚でも通る方は通ります。枚数にこだわるより、中身を磨きましょう。

インターネットでエントリーされるならExcel よりもWordで。
また、プリントアウトしたとき、A4に収まりきるかどうかは、自宅で確認して下さい。
米国企業は、レターサイズ(A4より縦がやや短く、横がやや長い)です。ファイルに入らない応募書類を、まず捨てる担当者もいます。

細かいことですが、実際の仕事というのも細かいことの積み重ね。出来ない奴と思われないようにしたいものですね。
 
 
メールアドレスにも細心の注意を
プライベイト用のメールアドレスなのか、カジュアル過ぎる印象のアカウントの方が結構いらっしゃいます。
例えば、 ---chan@, ---rin@ , ----love@,,,, etc.
など、いい大人が、転職活動というTPOに合っていないものをレジュメに書くのは避けましょう。
フリーメールアドレスも企業によっては、減点対象です。
「私は、お金払って容量拡大してますが」と、おっしゃる方もいらっしゃるでしょうが、残念ながら、アドレスを見た限りは無料の人と同じで、印象を落としているだけです。
バックアップ用や、出張時用に持たれるのは結構です。どうしても使いたいなら転送すればいい話です。
 
 
 

HOME 翻訳 通訳レジュメ添削TIPSパートナー企業About UsサイトMap


Copyright (C) 2000-2012 あゆむアソシエイツ,LLC.